忍者ブログ
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
リンク
カテゴリー
最新コメント
[10/17 歌舞]
[09/06 歌舞]
[09/05 裂喜]
[08/24 歌舞]
[06/04 サオリ]
[05/31 歌舞]
[05/22 サオリ]
[05/21 歌舞]
最新記事
プロフィール
HN:
裂喜
性別:
女性
自己紹介:
果てしなくいい加減な人間。
音楽があれば大抵は上機嫌。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
100%自己満足
PAGE | 1 2 3 4 5 6 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

少し、文章の走り書きを一つ。
最近走り書きにこってます。 もう、ね。一発書きだいすき。(御前
某他所のログから。

PR
黒い四角に敷き詰められた僅かな心と
肢体が蠢くその影が黒に映えて
声を出せば出すほど小さくなる四角を見て
ハイデッカーが笑うよ 「何処まで縮めば存在が確定されなくなるのだろう」
どうせ全ては悪足掻きなのに 君はそれでも気が済まないと言うんだね

嗚呼感覚が麻痺するような闇に木魂する
機会の音と
機械の音がする

何かが一つ変わってしまえばそれに反して何かが作り上げられて
覚めない夢を言い換えれば醒めてしまう現実があるわけで
それを認めることが出来ないから君はきっとやさしすぎるんだよ

黒い四角の中でも涙を流せる君がきっと 世界の何よりも酷いから すきだよ
心で願うよりも素直な体の欲求よりも
快く受け入れられる事が出来ない忌々しい臓器がこの頭蓋に埋まっている訳で


ああ廃人になる前に一つ花を添えておこうか


「閉じ込めてしまおうね」
満面の笑顔で言う突き放すような本音を察する事が出来ずに
否定してしまえばこっちの勝ちだけど報酬は空虚よりも虚しい抜け殻の証


ああ、それでさえきっと気のせい、だ



ひらひらと舞うゆらゆらと揺らぐ陰か光かはたまた人間なのか







放棄した赤色に映る自分の軽薄そうな笑顔
ああ潰してやりたい。 この目から反射する世界を見る貴方が気に食わないんだ (多分)



部屋だって、綺麗にしたし
 電話の声だって御前の為に、喧しくないように低くしたし
 縛るのも蹴るのも噛み付くのも愛するのも 全部

辞めるから、 辞めるから、 辞めるから。


(それだけじゃ足りない? 廃れた世界に唯一人、御前の気配だけを探すのは   もう)



君の爪跡
爪先
足音
縋り付く様に気配と季節を抱き締めるよ。 嗚呼全て引き止めてしまいたい。

互いに依存しあってるという事実に気付かずに口走る
要らない、という言葉は自分を孤独にするばかりの行為で、普段は
泣かないはずの片割れが涙を滲ませ分かったと言えばもう片割れも小さく雨を降らせてしまう
幼さゆえに正直な本音は
歪んだ大人になってしまっても根深く涙の後よりしつこく残っ て
波の音と胎内の音がシンクロして
砂に顔を埋めて砂利を口に含んで窒息するほど塩を吸って
ははおやとちちおや、いもうととあに
いつしか自分だって其処から生まれて此処に帰るのか、と思い
いっそのこと溺れてしまおうかと笑えばまだ水に浸ってもいないことに気付く

寒い潮風に曝されるのは暖かい海の戒め、 自尊心と自閉心をくすぐる海水の匂い




もし 例えようとするならばそれは虚しく自分の弱さを模るもの




忍者ブログ | [PR]

(C)疾走、敗走、遁走 ブログ管理者 裂喜
Blog Skin by TABLE E.NO.CH