忍者ブログ
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
リンク
カテゴリー
最新コメント
[10/17 歌舞]
[09/06 歌舞]
[09/05 裂喜]
[08/24 歌舞]
[06/04 サオリ]
[05/31 歌舞]
[05/22 サオリ]
[05/21 歌舞]
最新記事
プロフィール
HN:
裂喜
性別:
女性
自己紹介:
果てしなくいい加減な人間。
音楽があれば大抵は上機嫌。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
100%自己満足
PAGE | 345 346 347 348 349 350 351 352 412 413 414 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

On that day the white-washed walls cry

and all the heavens before hell called up its alarm

And farewell, it bade, for forgiveness comes easy with despair

since all the others fell unto the clear ringing cry of the trumpets



Oh no, my fleeting spring,

this is not a plea for mercy,

nor is this a begging for happiness for all eternity to come

rather,

I relish the idea of my passing with pride, knowing

all my forefathers, and my forefathers before me, have unto the same

and same

and same

with loving pity they call for me through the eternal wake



and some other dawn, before the end of all nights,

I'll send for you, the pale summer noon,

by the clear singing of the bells, that have unto the same,

the same,

the same, as I.




日本語訳下手でも訳します







あの日純白の壁が叫んで

地獄の前に聳え立つ天国が警告を鳴らした

「さようなら」 そう注意し 許しは絶望と安易に伴い

他の皆は皆でトランペットの澄んだ音色の傍で落ちてしまったし



違います、私の去り行く春日

これは懺悔をしているのではなく、

永遠の幸せを願っているのでもなく、

実際

私は私の最期を誇らしく見詰めて だって

私の祖先も、先祖も、其の前も皆同じく

同じく

同じく

愛しげな哀れみで私を果てしない目覚めに呼んでるから



そして又先の夜明けに 最後の夜の前日に

私はあなたを呼ぶでしょう 私の淡い夏の夕焼け

響く無数の鐘の音で 昔と同じく

同じく

同じく

昔の私と同じく
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)疾走、敗走、遁走 ブログ管理者 裂喜
Blog Skin by TABLE E.NO.CH