忍者ブログ
カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
リンク
カテゴリー
最新コメント
[10/17 歌舞]
[09/06 歌舞]
[09/05 裂喜]
[08/24 歌舞]
[06/04 サオリ]
[05/31 歌舞]
[05/22 サオリ]
[05/21 歌舞]
最新記事
プロフィール
HN:
裂喜
性別:
女性
自己紹介:
果てしなくいい加減な人間。
音楽があれば大抵は上機嫌。
バーコード
ブログ内検索
アーカイブ
アクセス解析
100%自己満足
PAGE | 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 | ADMIN | WRITE
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Never and ever, I say unto you, my dear,

where the snow-capped mountains and the skies of orange and blue fall,

shall anyone, with their white-painted hands

come and eat your red, beating heart that lies beneath your ocean, my dear



Come to that place we once called home, my dear

so that we should sing and reminisce once more

until the sun sets gold and scarlet under the horizon

and dreams of night and shade fade ever away into the future, my dear



The upturned chair calls forevermore, my dear

and if you ever once hold to the promise of the golden ages

then I would once again take you hand, my dear

and talk of days long gone and days that will come to pass



Never and ever, I say unto you, my dear


「何時か」かそれとも「何時も」か、 彼方に告げる、 最愛なる彼方

雪山の聳える橙色と蒼の空が落ちた

其処に誰かが 其の白く染めた手で来て

彼方の海の底に赤く鳴り響く心臓を食べに 最愛なる彼方



昔故郷と呼んだ所にまた訪れて 最愛なる彼方

過去を歌い思い出せる様に

太陽が金色と朱色に平行線に沈むまでに

そして夜や影の夢が明日へと消え行くまでに 最愛なる彼方



倒れた侭の椅子が永遠に促す 最愛なる彼方

彼方がもし幸せだった頃の約束を思い出せば

それならば私は又一度彼方の手を取って 最愛なる彼方

遠く通り過ぎた昔の事と遠く明日に広がる未来の事を語り合いたい



「何時か」かそれとも「何時も」か、 彼方に告げる、 最愛なる彼方
PR
Comments
Name

Subject

Mail

Web

Pass
Comment


Trackbacks
TRACKBACK URL :
忍者ブログ | [PR]

(C)疾走、敗走、遁走 ブログ管理者 裂喜
Blog Skin by TABLE E.NO.CH